toggle

ワードプレスで作成したサイトにカレンダーを搭載する

ブログサービスでは、カレンダー機能がデフォルトで提供されていますが、この機能はワードプレスにも搭載する事が可能です。カレンダー機能を搭載するメリットは、記事を投稿した時に、その投稿日にリンクが張られますので、企業サイトにアクセスしてきた人々は、日にちで知りたい情報へとアクセスがし易くなります。カレンダー機能を企業サイトのデザインにマッチさせなければ、この部分が浮いた感じになり、全体的な統一感が無くなってしまいますので注意が必要です。様々なデザインの物が公開されていますので、サイトデザインに合った物を選択していく事が重要です。
ワードプレスで構築したWebサイトは、管理画面から一元管理が出来るだけでなく、テンプレートやテーマを変える事で自在にカスタマイズが出来るのが利点となっています。テンプレートは、独自のテンプレート記法を使う事によって、ワードプレスで開発したWebアプリケーションやWebサイト、ランディングページの機能を強化していく事が出来ます。デザインやレイアウトの変更も容易であり、サイドバーを設置出来るようにしておけば、サイドバー部分にカレンダーを設置させられます。日付で記事を探しやすくなりますので、ユーザーのアクセシビリティも良くなってきます。ワードプレスは、運用を継続させる際に重宝する機能が多数搭載されていますが、検索エンジンへの最適化用の機能をプラグインで追加していく事も出来ます。SEO対策を自動的に行ってくれるプラグインを使っておけば、企業が手動でSEO対策を行う必要性が無くなりますので、記事の更新や編集、削除に集中させる事が出来ます。
カレンダープラグインの中には、外部サービスをデザイン的にカスタマイズして導入する事も可能です。そのようなプラグインを使えば、サイトとの統一感を生み出し、企業がイメージするサイトデザインを実現しやすくなるでしょう。サイトデザインは、アクセスしてきたネットユーザーがリピーターとなってくれるかどうかを決める重要なポイントとなります。各種Webパーツを活用する事は、企業サイトの使い勝手を高めてくれるだけでなく、単調になりやすいWebページに変化を加えられるという利点もありますので、使い勝手が悪くならない程度に様々な機能を追加していくと良いでしょう。ワードプレスで作成したWebメディアに追加したカレンダーは、イベント情報を中心に掲載しているサイトで効果を発揮してくれます。