toggle

頂点という意味も持っているピナクル

カジノやブックメーカーに親しんでいる人にとってピナクルは、オンラインでスポーツベッティングが楽しめるブックメーカーの名称という認識になりますが、ピナクルという元々の言葉の意味は教会建築などでみられる「小尖塔」を指しています。山の尖った峰や頂上を形容する言葉でもあることから、名声や業績などの「頂点」をも意味しており、絶頂期などの形容にも使われます。

【シンガポールカジノ情報】リゾート・ワールド・セントーサの特徴を徹底調査!←オンカジおススメ最新情報もチェック

オンライン・ブックメーカーであるピナクルでのスポーツベッティングが愛好者にとって楽しさや利便性の頂点にあって、今後日本でさらに人気を押し上げて行くことが暗示されている名称とも言えます。特にピナクルがスマートフォンのベッティングアプリとして登場して以降は、これまでブックメーカーには関心を寄せていなかったスポーツファンの心をも捉えて、新たなユーザー層を開拓したと言われています。

数あるオンライン・ブックメーカーの中でピナクルが日本でも特に親しまれているのは、日本語対応でサポート体制もしっかりしているという点と、ほかのブックメーカーでは禁止となっているアービトラージと呼ばれるベッティングを許容している点で、スポーツベッティングに慣れた通好みとなっているためです。

このほかソフトウェアをインストールせずに使い始められるブラウザ型であることや、97パーセント以上とも言われる大変に高い還元率で数値設定されていることからも多くのユーザー獲得につなげています。対象が親しみのあるスポーツの勝敗に関する賭けで、発祥地である英国などでは日常に溶け込んでいることもあって、一般的なカジノよりも参加ハードルが低めにもなっています。オンラインでの利用者が増えることでピナクルも一層の絶頂期を迎えることも予想されます。