toggle

人気サイトのピナクルとネッテラー

1998年創業のピナクルはブックメーカーとして有名な企業ですが、オンラインカジノも人気があります。
インターネットが普及し始めると、ピナクルはオンラインのブックメーカーを稼動させます。
2006年までに運営のすべてをオンラインに移行し、世界中に複数のオフィスを持つようになります。
2017年に大きなアップデートを行ったピナクルはさらに使いやすくなっています。
ピナクルで使われているのは最新のライブディーラー技術と最先端のセキュリティを採用している企業の製品です。
クラシックカジノゲームを運営するためにはMultislotが選ばれています。
ピナクルカジノには無数のボーナスが期待できるテーブルゲームやスロットが1000種類以上もあります。

ネットカジノブログの最新記事はこちら→【韓国カジノ情報】セブンラックカジノ・釜山ロッテ店の特徴を徹底調査!

日本のユーザーがオンラインカジノやブックメーカーを利用する場合によく使われていたのが電子決済サービスです。
電子決済サービスで人気があったのがネッテラーです。
ネッテラーはマン島にある企業でロンドン証券取引所に上場しています。
海外のギャンブルサイトの支払いに利用されることが多く、日本語でのサポートがあったことから日本でも人気を博します。

ネッテラーはメリットが多く、取引口座への反映がスピーディーです。
海外FX業者もネッテラーに対応していたため、オンラインカジノと海外FX業者を両方利用している人にとっては非常に便利な電子決済サービスだったわけです。
ところが、ネッテラーは2016年9月15日に日本国内での決済サービスを終了します。
多くのユーザーはショックを受けつつも他の電子決済サービスに移りますが、その電子決済サービスも微妙な状態です。
入出金は様々な方法でできますが、優れたサービスが突然使えなくなるのはユーザーにとって打撃となります。