toggle

ワードプレスの記事一覧機能を活用する

ランディングページを使って、商品を宣伝するという手法は広まっており、多くの企業が採用しています。ランディングページ自体は、単独のページで構成されており、これに全てのコンテンツを掲載して、消費者が商品やサービスに興味を持ってもらって購買意欲を増すように誘導します。購入意欲を増した消費者を商品の販売ページへと誘導させる事で、オンラインショップへのアクセス数を向上させて、コンバージョン率を上げ、売り上げに繋げていきます。ランディングページは、バナー広告よりも詳細な内容を掲載する事が出来る利点がありますので、ネット広告でありながら、バナー広告よりも効果的です。
ワードプレスは、コンテンツ管理を行う為のツールであり、Webサーバ上で動作するようにPHPで開発されています。ワードプレスをWebサーバ上で動作させるには、ワードプレスに必要なライブラリやモジュールが全て揃っていなければいけませんので、レンタルサーバを借りて運用する場合には、レンタルサーバがワードプレスの使用を推奨しているかどうかを確認しておくと良いでしょう。レンタルサーバ会社は、近年、直ぐにワードプレスが利用出来るようにしている事が多いですので、サービスを提供している会社を選ぶと確実に動作します。結果が出るランディングページとスマホ表示をするには、CSSで自動的にパソコン向けのレイアウトとスマートフォン向けのレイアウトを切り替えられるようにしておく事が必要です。
ワードプレスをランディングページで使えば、記事一覧ページで商品毎のランディングページを記事として管理する事が可能になります。記事一覧ページを活用する事で、不用になったページをまとめて処分する事もでき、一目で現在必要となっているランディングページを探せます。記事一覧ページは、日時などでソートさせるようにしておけば、よりランディングページの一元管理が行い易くなるでしょう。企業は、商品をネットユーザーに興味を持ってもらえるように宣伝を行いますが、文字情報によって商品の魅力を伝えていくには、ページのレイアウトや商材写真の見栄え、文章コンテンツの読み易さと面白さが必要になってきます。同じ商品のランディングページでも、レイアウトや文章表現を変えていきたい場合、複数のランディングページを作っておく事は有効です。ワードプレスの管理画面は、ランディングページを管理する為の機能が多数あり、記事一覧以外の機能も使ってみると、より効率的に管理が出来るかもしれません。