toggle

ワードプレスにおける有効な記事の書き方

ワードプレスは、インターネットビジネスでは欠かせないものになりつつあります。経費をかけなくとも難しい設定など必要とせず、テーマとプラグインを選択するだけで、見栄えの良いサイトを作成することが可能です。また、集客に必要なSEO対策にも有効であることから、多くの人や企業が利用しています。しかしながら、単に記事を書いたからといって売り上げが伸びるものではありません。いわゆる、ランディングページが優れたものでなければ、ユーザーの記憶に残ることはありませんし、購買意欲に繋がることもありません、そこで大切になるのが、ワードプレスにおけるランディングページであり、そこに記載するセールスコピーです。

ランディングページのセールスコピーというと、速報性や希少性などをいかにわかりやすく伝えるかが大きなポイントですが、実はこういった文章力よりも、その「構成」を重要視すべきです。例えば、腰痛をわずらっていたとしても、実際に痛みが出なければ、病院に行こうとは思いませんが、実際に痛みが出てくると、それを和らげるために一刻でも早く、腕に良い医師に診察してもらいます。ランディングページにおいても同様に、サイトへの訪問者が問題を認識し、それを解決するための手立てを考え、行動させるものでないと意味がありません。したがって、セールスコピーはその文章力もさることながら、構成にもしっかりと工夫しておかないと、売れるランディングページにはなりません。また、ワードプレスはプラグインと組み合わせることで、売れるランディングページの構成するために優れた機能を発揮することは言うまでもありません。

さて、病気の場合、体の何らかの異変により「問題」を自覚することでユーザーは行動に移りますが、インターネットビジネスでは、ランディングページにおいて、ユーザーに「問題」を認識させることから始めなければなりません。したがって、ランディングページは、ユーザーの抱えている問題を提示し、その問題を解決する必然性を明確にし、その解決策を提案するといった構成である必要があります。さらには、対象を絞り込み、期間を限定することでユーザーの購買意欲を高め、行動に移すよう呼びかけることが大切です。つまり、ワードプレスのテーマやプラグインについては、単に見栄えだけで選ぶのではなく、こういった構成に適したものであり、なおかつ、記事の書きやすいものでなければなりません。