toggle

ワードプレスのキャッシュ機能を利用しよう

ワードプレスを使用する際には比較的同じ機能を連続して使うことが少なくありません。編集作業などは同じコマンド連続して使用したり、また同一の機能に連続してアクセスしてホームページの編集を行うことも多いものです。この際に毎回ワードプレスのサーバーにアクセスし直接データ領域を操作するのではサーバーの負荷やネットワークの負荷が大きくなり、操作性が悪くなってしまいます。特に複数のユーザで1つのワードプレスのサーバーを共有して利用する場合などはサーバーが同時に複数の処理を行わなければならず、データへのアクセスも頻繁になるためそのレスポンスが非常に遅くなってしまうことが少なくありません。そのため、サーバーに直接アクセスではなく一時的に編集したデータや機能を 格納しアクセスすることで練習効率を高めると言う機能があります。これをキャッシュ機能といいます。

キャッシュはインターネットの世界では比較的よく利用される方法で、その実現方法には様々なものがあります。一般的にホームページをアクセスする際には毎回ホームページのデータが格納されているサーバーを直接アクセスしていたのではその通信速度が非常に遅くなり、レスポンスが悪くなってしまいます。そのため企業ではネットワークの下に接続されるパソコンなどの通信を肩代わりするサーバーを設置し、このサーバーを通してインターネットのサイトにアクセスすることで通信効率を高め、配下のパソコンはサーバーに格納されているデータをアクセスすることで直接インターネット上で通信することを避け通信効率を高めます。この場合企業内に設置されているサーバーはキャッシュの役目を果たし、一時的にインターネットのサイトのデータを格納することでパソコンが直接インターネットのサーバーにアクセスすることを防いでいるのです。

同様にワードプレスを利用する際もそれぞれの端末が直接ワードプレスのサーバーにアクセスすることを避け、キャッシュを利用することで通信効率を高めるとともにパソコンにおける編集のスピードを高めることができます。編集が完了した時点でワードプレスのサーバーに格納することで頻繁なワードプレスとのサーバーの通信を抑え、サーバーの動作効率と練習効率を高めることになります。変更が多い健康食品のランディングページと製作実績を増やしたい製作者などはキャッシュを効率的に利用することで編集効率を高め、多くのサイトを短時間で製作できると言うメリットがあります。