toggle

ワードプレスで効果的なキャプションを

インターネット通販のホームページを作成する場合、効率的に商品を紹介し売り上げを高めるためには、ページ内におけるキャプションを効果的に作成することが大切です。キャプションは閲覧する側にとってコンテンツが見やすくなるばかりでなく、売り上げを管理する側にとっても管理しやすい要素が非常に多く含まれているためです。それぞれの商品のリンクや差別化を効率的に行うことができるほか、商品の入れ替え等においてもスムーズに行うことができるのはそのメリットです。

しかし、キャプションを作成する場合に作成ソフトによっては希望の位置に作成できないと言うケースも少なくありません。また、キャプションを挿入することでデザインが大きく損なわれてしまう可能性もあるため、熟練したデザイナーでないと適正な位置に設定できないと言うデメリットもあります。

ワードプレスを利用することで、このような問題を簡単に解決できます。ワードプレスは文章を作成する感覚でホームページのコンテンツをデザインすることができるほか、実際の閲覧イメージを確認しながらコンテンツ設計ができると言うメリットがあるため、全体のデザインにおいて思うように整形ができないと言うことが少ないのが特徴です。通常のコンテンツ設計の場合には専用の言語でコンテンツの情報を作成した後、閲覧ソフトでその表示を確認し、不具合を再度編集ソフトで修正するという手間が発生しますが、ワードプレスの場合にはこの手間がなく、作成しながら閲覧イメージを確認することができるので全体のデザインを的確に迅速に設計することができます。この機能は特にランディングページとライティングの効率を非常に高めることにつながっています。ランディングページはインターネット通販を行う際に商品のリストから注文ページに移行するための重要なページですが、このランディングページのデザインが見にくいものになっていると注文数が大幅に減ることになるので注意が必要です。さらにランディングページに適切なキャプションが施されていないと閲覧者は商品の内容を迅速に理解することができないほか、長い本文を閲覧しなければならないため購買意欲が薄れてしまうと言う結果を招くこともあります。また、本来シンプルでなければいけないランディングページのボリュームが増えてしまう恐れがあり、閲覧ユーザが注文ページまで至らないと言う危険性も高まってしまうのです。ワードプレスを利用することは適切なキャプションを適切な位置に割り当てることができ、効果的なコンテンツを短時間で作成することができるのが大きなメリットです。