toggle

ワードプレスのカスタムフィールドで記事作成を楽にする

化粧品のランディングページとセールスコピーライティングなどの外注や技術を学んだなら、実際にウェブページを公開する準備が必要です。今ではワードプレスで運営する会社や個人がほとんどで、化粧品のランディングページをワードプレス用に作ってくれる業者が多数いますから、このCMSをインストールしてウェブページを作成するのがおすすめです。早速ワードプレスをインストールしたなら、作成してもらった内容をアップロードしたり、業者に作業を手伝ってもらったりしてページの公開を行います。ブログのように記事を追加できますので、多くの人に伝えたい事があるなら、自分たちで記事を作って定期的に公開すると、ランディングページだけに頼らない効率の良い集客が期待できます。
記事を作成するときに活用したいのが、カスタムフィールドです。カスタムフィールドは通常の投稿画面では手間がかかることでも簡単にページ内に表示させたり、機能を追加したりできます。ワードプレスが標準で用意している機能の場合、利用したい名前と値を入力する欄が複数存在します。ここに入力したものをテンプレート化すれば、個別の記事内でそれぞれ細かく入力することなく、簡単に同じような内容のものを部分的に違った内容で表示させることができます。例として、店舗を紹介する記事をそれぞれ用意するときに、店舗名や住所、店舗の評価を5段階であらわすなど、基本の形は一緒ですが、細かな情報がそれぞれ違う内容を記事ごとに表示させたいときに活用できます。但し、標準のカスタムフィールドではやや管理に手間がかかるため、プラグインを使うのがおすすめです。評判の良いプラグインとしてCustom Field Templateがあります。一行のテキストフィールドや画像のアップロードなどのタグがあります。これらをテンプレート化して登録しておけば、各記事の投稿画面内にカスタムフィールドテンプレートが表示されます。そこで操作するだけで、簡単に記事内へ挿入できるようになります。記事の本文にはショートコードを入力するだけです。
記事を作成しても、ウェブページを訪問した人に興味を持ってもらえる内容に仕上げなければ成約に繋がりません。綺麗な見た目だけでなく、重要なのがセールスコピーライティングの技術です。読む人に高い関心を持ってもらえるセールスコピーを考えますが、売れるセールスコピーを高確率で作れる人はなかなかいませんので、自分たちで試行錯誤して作成するのがおすすめです。