toggle

ワードプレスのカテゴリーの活用の仕方

Webサイトやランディングページを制作する際には、強力な機能を追加したり、カスタマイズする機能が多彩なワードプレスを活用するのが効果的です。ワードプレスの管理画面では、記事の管理の他にカテゴリーの設定を行える項目があります。管理者や制作者が好きなようにカテゴリーを設定する事ができ、ワードプレスで制作したWebページを内容やテーマによって分けていく事が可能です。カテゴリーに分ければ、サイトにアクセスしてくれたユーザーが知りたい情報が掲載されているページへアクセスしやすくなり、一種の道標になります。使い易いサイト作りやSEO対策を意識する為には、記事のカテゴリー分けをしておく事は大切な作業となります。
記事の新規投稿を行う時に、カテゴリーを設定しておけば、自動的に振り分けられます。また、既に投稿した記事のジャンルを変更したい場合には、編集画面で変更をしてから再度保存しておけば行えます。複数の記事でジャンル変更をしたい場合には、一括編集画面で変更の実施が行えます。Webページ側では、カテゴリーの項目とパンくずリストの項目のワードを揃えておいた方がアクセシビリティが向上し、SEO対策にもなります。ユーザーがどのような視点でサイトを使うかを考えて、リスト項目を作っていく事が重要になってきます。ワードプレスでは、ブログのようにジャンル分けがしやすいように設計されていますので、パンくずリストと関連付けした構造のWebメディアの制作と運用が行い易いのが利点です。
ワードプレスを使いこなせば、サイトの長期運用がしやすい環境が整ってきます。企業サイトは、長期運用を行う事でオンラインショップなどで販売している商品の売り上げの向上を図っていく事が出来ます。オンラインショップで取り扱っている商品の種類が多いほど記事数も自動的に増加してきますので、パンくずリストとナビゲーションバーを駆使して、ジャンル分けした記事群にアクセスしやすいようにサイト設計したり、整理したりします。テンプレートやテーマは、ワードプレスで構築したサイトやランディングページのデザインやレイアウトを変更するのに役立ちます。同時に、テンプレート記法を使う事で、ページのどの部分にナビゲーションバーやパンくずリストを設置させるのかを決める事も出来ます。ジャンル分けした記事群は、このテンプレートを通す事で自動的にナビゲーションバーやパンくずリストに記されている項目にリンクされ、アクセスしてきたネットユーザーがその項目を見て、各ジャンルのページへとアクセスする事が可能になります。アクセシビリティの向上がサイトにアクセスする人々を増加させるのに役立ちます。